噛む!

皆さんこんにちは!

以前友達にあたりめ食べる?と聞いたら

「食べてると顎が疲れてくるから、いらない」と断られた小沼です。

お仕事していて、休憩時間も短いと、どうしてもパッと食べれるものが重宝される現代社会。

皆さんしっかり噛んでいますか?

平均的な食事時間が11分・租借回数620回に対して、

弥生時代の人はなんと食事時間1時間で4000回!!こんなに違うんですね!

軟食の時代といわれ、ハンバーグや牛丼、スパゲティーやお蕎麦。

気がつけば柔らかい物ばかり。

弥生時代は、粟やヒエ、クルミなどの硬い物が主だったので、

必然的に顎が発達していたんですね。

小さい頃にどれだけ噛んだかで、顎の発達が変わってきます。

たくさん噛むことで、消化吸収がスムーズになるので、内臓の負担が減ったり

顎関節症や不正咬合の予防になります!

 

それで前々から好きでよく食べている「堅パン」をご紹介します!

乾パンより、さらに堅いビスケットです!噛むの大変ですが美味しいです!

堅パン

「一口30回噛む」を目安に、料理の食材を大きめに切ったり、

歯ごたえのある食材をプラスしてみたり!是非やってみてください!

たくさん噛んで健康になりましょう!!ではでは(・w・)ノシ

“噛む!” への1件のフィードバック

  1. kokoro より:

    ここらぼ整体院 池袋院 腰痛、肩こりでお悩みの方はここらぼ整体院へ是非!http://www.kokorosot.com

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ