大好きな食べ物の話13回目

金曜日担当「真っ赤な眼鏡は情熱の証」スタッフ三浦です。
今回は金曜日にお休みを頂いていたので、土曜日の更新となります。タダイマー☆-(ノ゚д゚)八(゚д゚ )ノイエーイ☆

先日変わった「農法」で栽培されたお野菜を出すお店に行きましたのでご紹介!!!

IMG_20141126_184536

生ハムとお野菜(ナニカ)の前菜です。

こういうのがしょっぱなに出てくるとなんか「良いお店な感じ」でわくわくします。
生ハムも塩分が少なめで癖が控えめだったので、初めて食べる人にもぴったりな味でした。

ワインがオススメなお店だったのですが、これは相性良さそうです。
お店は新宿にある「ビオディナミ」さんなのですが、この「ビオディナミ」が農法の名前なのです。

 

ビオディナミ」は「バイオダイナミック農法」とも言われ、
人智学ルドルフ・シュタイナーによって提唱された、太陰暦に基づいた「農業暦」にしたがって種まきや収穫などを行い、また牛の角や水晶粉などの特殊な物質を利用する有機栽培の一種(wikipediaから引用)です。

農薬や化学肥料を使わない農法となり、
農業暦のカレンダーにしたがい種を植え、収穫していくのですが、育てる際に
調合材と呼ばれるものを畑に撒いているそうです。
調合材は500番から508番を使用しているのですが、この材料がなかなか変わっているので、気になった人は
グーグル先生に聞いてみてください(=゚ω゚)ノ

そんな不思議な農法ですが、
紹介しているページよっては「世界最高峰の有機農法」と提唱している方もいらっしゃいます。

とは言っても、食べたときに「ん、これはバイオダイナミック農法だな!うまい!(ノ∀`*)」なんて言えるほど舌が肥えているわけではないで、
「んー、おいしいなー( ゚∀゚ )」ぐらいなものです。

皆さんはいつも自分が口に入れているものが、どうやって作られ、どうやって回収され、どうやって販売されているかご存知ですか?

食物そのものも大事ですが、作られ方で大きく変わってしまうので、そういった事も注目してみるのも面白いかもしれません。

そして、自分の知らない作り方のがあればチャレンジしてみて下さい。新しい出会いがあるかも知れませんよ(* >ω<)=3

 

では今度は来週の金曜にお会いしましょう。

・ 。  ★彡
☆彡。∴。。 ☆彡 ・
 ・゚*。★彡・ 。*・゚ ★彡
  ・ 。・*・゚。   ・
 ・ 。・*・゚。

   (˘ω˘)  今日もお疲れ〜
   ノ( ヘ ヘ
-^゙゙゙`゙゙゙゙`゙゙゙`゙゙`゙゙^-

 

 

“大好きな食べ物の話13回目” への1件のフィードバック

  1. kokoro より:

    ここらぼ整体院 池袋院 腰痛、肩こりでお悩みの方はここらぼ整体院へ是非!
    http://www.kokorosot.com/

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ